FCC Systemブログ

BLOG

ブログ

業者比較(営業部)

いつもブログを見て頂きありがとうございます。
今回は、数多の害虫駆除業者がありますが、FCCとはどう違うのか
いくつかの業者と比較をしながら分析をしていきたいと思います

【契約形態】
まずは契約についてです。
・業者A
「月単位契約」
・業者B
「年間契約」
・FCC
「年間保守契約」

業者Aの「月単位契約」は単発契約です。毎月作業が発生しその都度料金が発生します。
業者Bは年間契約で定期的に作業に入ります。
その点、FCCの「年間保守契約」は1年間の契約となり、年2回の作業に加えて、万が一のための保証が付いています。

【使用薬剤】
・業者A
「殺虫剤」
・業者B
「トラップ、バイト剤」
・FCC
「FCCコーキング剤を使ったベイト施工」

業者Aの殺虫剤で駆除を行った場合、即効性がありその場で効果が現れます。
ですが、残光性がない為、作業が終わってしまえば効果がなくなり、また繁殖をしてしまいます。

業者Bはトラップを中心とした「モニタリング」を実施しています。そしてバイト剤で駆除を行っています。

FCCですが、独自のFCCコーキング剤を使用します。
ベイト剤はどの業者も使っており、ゴキブリに対して抵抗ができていることがほとんどです。
FCCコーキング剤は食べ飽きが起きないよう改良を加え、効果を高めています。
また、1度使用すれば1年間効果が持続します。

【施工方法】
・業者A
「散布」
・業者B
「トラップ設置」「ベイト施工」
・FCC
「コーキング工法」「ベイト施工」

業者Aは散布を行います。殺虫能力は高いのですが、
その多くが水溶性のもでゴキブリが多く生息する機械の中に使用することができません。

業者Bはトラップをメインに使用することからモニタリングを主な目的としています。
今、生息しているものを駆除するということであれば目的が合わない場合があります。

その点、FCCで使用するFCCコーキング剤は場所を選ばず、
械の中にまで塗布することができます。
その為作業員が専門の技術を持って什器を分解し、細かく施工を行う事が可能です。

【まとめ】

業者Aは殺虫効果の高い駆除剤を使用して、
瞬間的に駆除を行えますが、持続力がなく再発がしやすいです。

業者Bは主にモニタリングを得意としています。
どこにゴキブリが生息しているかなど細かく知る事ができる反面、
駆除作業が後手になってしまっているケースが多くあります。

FCCでは効果の高いFCCコーキング剤を細かなところまで使用することにより、
ゴキブリを根絶させる事が可能です。
また、年間保守契約により永続的にゴキブリのいない環境を維持できます。

ここまで3つの項目から分析を行いましたが、大きく違いが現れました。
目的によってこんなにも内容が変わる事に驚きです。